製品情報

   
 ▼ドライクリーニング  ▼ウェットクリーニング  ▼前処理剤  ▼シミ抜き剤 ▼仕上げ関連
↓スポットゼリーM1,M2,M3  ↓インクキラー・インクカット  ↓トリプラーゼ  ↓ラストン  
↓ブリーチスターM5  ↓カラーストリッパー  ↓シミマーカー
ゼリー状シミ抜き剤
「スポットゼリーM1、M2、M3」
スポットゼリー
用 途 M1:油性のシミ抜き剤
M2:タンパク系のシミ抜き剤
M3:タンニン系のシミ抜き剤
容 量 各250ml
特 徴 ゼリー状なため、シミを広げず小範囲で処理できます。
特殊ゼリーがシミを溶かし、包み込みます。古いシミに特に効果的です。
使い方 シミの部分を包み込むようにゼリーをつけます。ヘラやブラシ、又は超音波ガン等で処理します。水又はスチームで濯いでください。

シミの種類が解らない場合は、M1⇒M2⇒M3の順番で処理してください。
形 態  トンガリ付きポリエチレン丸ボトル
主成分 M1:有機溶剤、アニオン・ノニオン系界面活性剤
M2:アニオン界面活性剤、pH調整剤、イオン水
M3:アニオン・ノニオン界面活性剤、pH調整剤、イオン水
 
     インク専用シミ抜き剤
「油性インクキラー」
「水性インクカット」

インクキラーインクカット
用 途 インク専用シミ抜き剤 
容 量 各250ml
特 徴 ゼリー状なため、シミを広げず小範囲で処理できます。
特殊ゼリーがシミを溶かし、包み込みます。古いシミに特に効果的です。
使い方 シミの部分を包み込むようにゼリーをつけます。ヘラやブラシ、又は超音波ガン等で処理します。水又はスチームで濯いでください。

インクが油性か水性か解らない場合は、まず「油性インクキラー」で処理し、続いて「水性インクカット」で処理してください。
形 態  トンガリ付きポリエチレン丸ボトル
主成分 油性インクキラー:アルコール類、他
水性インクカット:アニオン・ノニオン界面活性剤、水
 ページのトップへ
     3種混合液体酵素剤
「トリプラーゼ」

トリプラーゼ
用 途 3種混合液体酵素剤
容 量 100ml
特 徴 プロテアーゼ(タンパク分解)、リパーゼ(脂肪分解)、アミラーゼ(でんぷん分解)の3種類の酵素に界面活性剤を配合した濃縮酵素剤です。pHも中性でデリケート品のシミ抜きに最適です。
使い方 必要量の水で希釈し、塗布してください。
温度(40~60℃)をかけると効果的です。
形 態  軟質ポリエチレン白色目薬ボトル
主成分 アニオン界面活性剤、酵素(プロテアーゼ、リパーゼ、アミラーゼ)安定化剤
 ページのトップへ
     非毒劇物サビ取り剤剤
「ラストン」

ラストン
用 途 サビ取り剤
容 量 250ml
特 徴 ・サビ・金属の汚れに(付着したサビや、ネックレスなどの装飾品から溶け出したシミに。)
・インク・血液・汗の残留鉄分に(通常のシミ抜きだけでは除去できなかったシミに。)
・糖分・タンニンによるシミに(時間が経過した糖分やタンニン系のシミに)
使い方 シミに直接滴下してください。
使用後は水又はスチームで十分すすいでください。
形 態  トンガリ付きポリエチレン丸ボトル(250ml)
主成分 中性フッ化アンモニウム、リン酸、界面活性剤
 ページのトップへ
     ペースト状酸化漂白剤
「ブリーチスターM5」

ブリーチスターM5
用 途 シミ抜き用酸素系漂白剤
容 量 100g
特 徴 浸透性に優れた高洗浄力の界面活性剤に、酸素系漂白剤を配合した強力シミ抜き剤です。ペーストタイプですので扱いやすく、面倒な部分漂白も広がらずに処理できます。シミや部分汚れの除去、黄ばみ黒ずみの漂白にお使いください。
使い方 シミを水で濡らし「ブリーチスター」を塗りつけます。
その場でシミが分解しますので、水でよくすすぎ、酸で中和を行ってください。(中和には酢酸水溶液が最適です)
形 態  ポリエチレンチューブ
主成分 ノニオン界面活性剤、ペースト化剤、酸素系漂白剤
 ページのトップへ
     ペースト状還元漂白剤
「カラーストリッパー」

カラーストリッパー
用 途 シミ抜き用還元漂白剤
容 量 80g
特 徴 移染による着色などを手軽に除去できます。
水と反応して効力を発揮します。
臭いが少なく、浸透性とすすぎ性に優れているので、繊維のシミ抜きに最適です。
ほとんどの繊維に使用できます。
使い方 シミを水で濡らし「カラーストリッパー」を塗りつけます。
その場でシミが分解しますので、水でよくすすぎます。
形 態  ポリエチレンチューブ
主成分 ノニオン界面活性剤、ペースト化剤、還元漂白剤、安定化剤
 ページのトップへ
     シミのチェック
「シミマーカー」

シミマーカー
用 途 ドライクリーニング用“シミ”マークペン
容 量 ペン
特 徴 見落としがちなシミを手軽にマーキング
ドライ溶剤に溶ける成分なので生地に残留しません。
使いやすいペンタイプで、持ち運びにも便利です。
一本で約100mの筆記能力があります。
使い方 頭部を右に回すと芯が出て、左に回すと引っ込みます。
(デリケートな生地には強くマークしないでください)
形 態 スクリューペン
主成分 パラフィン類、顔料
≪前処理・後処理仕上げ≫

ページのトップへ

界面化学で未来を拓く ミズホケミカルのソリューション メディア

株式会社ミズホケミカル

MIZHO CHEMICALCO.,LTD.